FC2ブログ

対Rewrite個人的メモ

いよいよRewriteの流行の赤黄ちはやの構築がテンプレ化し,地区大会を抜けるようになりました。

強力なカードが多く,初見では勝ちにくい相手です。

この赤黄ちはやに対しどのような構築・戦い方をすればよいのかを個人的にメモ的な感じで書きます。


〇赤黄ちはやの試合の流れと強み

レベル0:
メインアタッカーは“月明かりの下で”瑚太朗&篝“過去を絶ち未来へ”西九条で,“オカ研会長”朱音で自身のクロックを加速し先上がりを目指す&レベル1への準備をする。

レベル1へ先上がりする動きが強いのでレベル1への準備が中心で0帯は流す傾向。




レベル1:
“一緒に歩く道”ちはやの早だしを中心に,“散る桜の宿命”咲夜のパンプやらで戦う。
早だしが成功すれば次のターン確実に相手の盤面が1面空いていることが予想されるので,1帯からソウルを上げてプレッシャーをかけることができる。
あまつさえ対応CXやらお風呂上りの朱音やらで手札を整えられる。




レベル2:
ここはレベル1の延長線上で,対応CXやらの高ソウルで相手とクロック差をつけた状態に持ち込みやすうえに“カリスマ魔女様”朱音でさらにプレッシャーをかける。



レベル3:
鳳ちはやのパワーや“いたずらなキス”ちはやで攻める。




こんな感じです。やはり“一緒に歩く道”ちはやの早だしが軸でボードアドバンテージとクロック差をつけやすいために“カリスマ魔女様”朱音なんかのカードが輝くことがわかります。




〇弱点


①レベル1を飛ばされる

ヴァイスではよくあることですが,このデッキにおいては被害は甚大。
チェンジの意味が薄れるばかりか,“カリスマ魔女様”朱音なんかのカードも機能しづらくなります。

②バウンス

“一緒に歩く道”ちはやは基本的に後列に“散る桜の宿命”咲夜を置いて,死んでも大丈夫な状態にしていますが,バウンスに対してはどうしようもありません。
手札に戻った“一緒に歩く道”ちはやは確実に邪魔になりますしね。




主にこの2つです。やはりサーチカードの優秀さをみるとRewrite側の事故は,CX事故以外考えにくいうえ,パワーラインも高いので弱点も少なくなります。


〇戦い方

メインアタッカーである“月明かりの下で”瑚太朗&篝“過去を絶ち未来へ”西九条をみてわかるように,複数展開が厳しいキャラを採用しています。

そのことを考慮して,対Rewriteの序盤の理想的な動きを書きます。

先攻ドローゴー
“月明かりの下で”瑚太朗&篝or“過去を絶ち未来へ”西九条1体展開
3パン5止め
アタッカーを複数展開し辛いので3面割れない
CX貼って1飛ばしを狙う

対Rewriteはこのような動きが理想的でしょう。

このことを考えると,いままで以上にレベル0の重要性が増していることがわかりますね。

レベル0がしっかりしているデッキがRewriteにとっては厄介なのです。


他には風トリガーの採用など,いろいろ考えられます。


〇まとめ

もちろん大会ではRewriteだけではなく,様々なタイトルと戦いますが,ここ1ヶ月でRewriteで大会に出場する人が大幅に増えたのも事実。

使用者が多いうえに強力なタイトルなので,フリーの試合で慣れておくことが必要ですね。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

misao

Author:misao
misaoです。ヴァイスシュヴァルツをメインにやっています。今日のカードの考察や構築研究を書き綴ります。たまに水樹奈々の話題もあるかも...
最近大阪に引っ越しました。

相互リンク募集中です!コメント欄にて気軽に書き込んで下さい!

twitterは@77nana77mizukiです。気軽に絡んでもらって構わないです!

 メイン使用デッキ 
赤青ビビオペ
黄赤青フェイト 
青赤シンフォギア 
赤黄AB!(ユイ型)
赤緑とある
赤青緑幻駆ケ

 所持デッキ 
赤黄緑物語
赤青黄ファントム
青プリヤ
赤青黄リトバス
青赤緑まどマギ     
赤緑犬日々   
赤緑黄サーヴァント
赤緑探偵
赤緑警察     
赤青黄なのは
緑赤黄マクロス
赤黄青Rewrite  
青黄赤FAIRY TAIL

トリオカーニバル2012 博多大会ベスト8
WGP2012in博多 シンフォギアタイトルカップ5-0優勝

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
ビビッドレッド・オペレーション
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR